トップページ | 2006年5月 »

2006年4月18日 (火)

ただ幸せになりたいだけなのに…倖田來未。

Kumi彼女のデビュー曲を初めて聞いた日のことを憶えています。

父親の車の中でラジオをつけて、安室奈美恵の新曲?と思っていたら、「ビルボード20位にチャートインした日本人アーティスト、しかも弱冠17歳の日本人の女の子です!」というDJの声。その娘の名前は、倖田來未。

それから、何度か彼女の姿を見たり、曲をたまたま耳にしたり…。しかし、派手なうたい文句がついてきたデビューにしては、あまりにも地味な彼女の存在…。R&B系の女性ボーカリストがMISIAをはじめ台頭し始めていたので、時代的に合ってなかったわけでもなかったはず。顔が悪いわけでもない。なのに、彼女の中途半端な存在は、day after tomorrowのボーカリストとしてデビューした実の妹MISONOの方が圧倒的に売れてしまうという皮肉な運命をたどっていたのです。

そしたら、キューティーハニーですよ。
クリスティーナ・アギレラのPVのパクリですよ。
やっとこさ、小ブレイク。

彼女は、『エロかっこいい』という言葉を引っさげて、私たちの前に姿を現すようになりました。『本格派アーティスト』的な売りから、明らかに何かの戦略が変わった瞬間でした。

今、彼女は確かに輝いていると思うし、私も決して彼女自身は嫌いではありません。(歌はまったく聞きませんが…。見ていて楽しいですよね。)

"倖田來未"は、地道に築き上げられたアーティストだと謳いながら、やっていることはどんどん彼女自身の歌手生命を縮めている行為に思えて、痛い。もっと言うと、avexのおもちゃになってるようで、それは彼女自身もわかっての上なのかもしれませんが、痛い。

『エロかっこいい』という言葉=『女性に共感されるエロ』と言いながら、なぜスポーツ新聞の一面に彼女の谷間が強調されたファッションがおどるのでしょうか? 今を突っ走る倖田來未には愚問なのかもしれませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

君、どこから出てきたん?小出恵介。

Keisuke_koide

ある朝起きたら、はなまるマーケットをやっていて、ゲストに出ていた彼。
ある夜仕事から帰ったら、番宣番組に出ていた彼。
その彼とは、小出恵介クン。
突然、今クールから始まる『おいしいプロポーズ』(長谷川京子主演)の主演の相手役に大抜擢された小出クン。突然と私が思っているだけで、『ごくせん』などで注目されていたようですね。

そんな小出クンについて調べてみました。
なんと! なんと! 記念すべきこのブログ初回でご紹介した速水もこみちクンと仲良しらしいです!!
これはすごい情報ですね…、少なくとも、このブログには!!
そして、慶応大学文学部に在学中で、英語と中国語が得意とのことで、過去になにかあったに違いない! なにかって間違いなく海外での生活ですけど。

そんなハイソな彼の公式サイトで発表されている日記をご拝読させて頂きましたら、ご自身のことをなんと「おいら」と呼んでおりました。これは、SMAP中居正広氏の専売特許だと思っておりましたが、違ったようですね。あと、なんか文体が独特で「〜でございますのよ。」みたいな語尾で、おかまちゃん?のような不思議くんなのかなあと思いました。個人的には嫌いではないです。

そんな小出クンが今後、中居正広氏と「おいら」争奪戦を繰り広げるのか、金子貴俊氏と「僕はおかまじゃない!」対決(っていうのも、おかまさんたちに失礼な言い方ですよね、考えてみれば)を繰り広げるのか、動向を温かく見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

脱退してどうなるっていうのよ、SHINOBUさん。

Shinobu_img
はい、もう世間を騒がせている、「ゴキゲンだっぜ〜♪」でお馴染みのDA PUNPのSHINOBU脱退です。「え? SHINOBUって誰? ああ、SPEEDでいうHITOE的ポジションの人?」なんて言わないで下さい。「HITOE的ポジション」なんて新しい言葉を生み出さないで下さい。ブログで話題のキーワードを紹介するkizasi.jpで、「SHINOBU脱退」はなんと3位なのですから!

人気グループから脱退して、ソロで活躍することの難しさはいろんな人が体現しています。モー娘。のなっ○とか。そのグループの肩書きに守られていたからこそ、輝きを放つそんな存在なのでしょう。あのSMAPでさえ、解散しないのは、それぞれがSMAPという家に守られているからこそ、自分たちの価値は更にあがっていると事務所ももしかしたらご本人たちも思っているからかもしれません。「キムタクー、キムタクー」と言われている木村拓哉さんも、SMAPをやめたらどうなるかわかりません。

ああ、全然SHINOBUクンのことを書けていませんね。でも、書くことがないんです! そのくらい何もないところから、彼はどう芸能界の荒波を生き残っていくというのでしょうか…。。。というよりも、「沖縄に帰って平和に暮らすのがいちばんだな」という判断を下したとしか思えない決断。でも、それが正解かもしれません。

ひとつだけわかるのは、SHINOBUクンは、気志團のボーカルと顔が似ているということだけです…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 7日 (金)

「でも、いい人そうだね」とも言えない森山未來。

Moriyamamirai

友達の彼氏を写真やプリクラで見て、ぶさいくだったときの常套句、「でも、いい人そうだねっ!」。別にだれもなにも言ってないのに、まず「でも、」から始まってしまうあたりに毒が漏れてます。

そういう言葉は、V6のイノッチが担当していると思われますが、不思議なのが森山未來クン。
彼は、まったく、「でも、いい人そうだね」とは言えません。むしろ、いつもぶっきらぼうな顔。
でも、とても二枚目とは言えない顔をしています。

「危険なアネキ」のDVD発売のポスターを見ましたが、「あれ? ボクサーに目殴られた?」というくらい腫れ気味一重な彼。同じ一重でも、いわゆる少年隊のヒガシ的な涼しい目とも違います。

初めて彼を認識したのはフジテレビのドラマ「さよなら、小津先生」でしたが、「なんでこんなぶさいくな子が主演級で出てるの!?」という感想でした。それからあっという間に、今の地位まで。

彼がなぜここまで売れたのか? 演技力なのでしょうか? 運が良かったのでしょうか?

それは、彼の顔がどこにも属さず、役を重ねるうちに自分の存在を「アリ」にしていったからでしょう。そして、いつ間にか、彼は、造形ではなく、雰囲気で「かっこいい」と言わせることに成功してきたのでしょう。そう、女は「造形」よりも「雰囲気」に弱いことを森山未來は証明しているのです。実はもこみちクンみたいなタイプより、モテるタイプ。うん。

そんな彼の公式サイトの日記では、必ず最後に「日々邁進」と書かれているのでした。

■森山未來公式サイト<森山未來オフィシャルファンクラブ>:http://www.duncan.co.jp/mirai/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

となりのこぱんだちゃんも憧れる「イケメン」速水もこみち!

Hayami_ph

彼ほど、「イケメン」という言葉が似合う男性はいないでしょう。「かっこいい」とか「二枚目」とかそんな言葉よりもなによりも、「イケメン」。

そんなもこみちクンはかなり気になる存在です。だって、本名から「もこみち」らしいですから。ご両親も、そんな「一か八か」みたいな名前つけなくてもいいのに…。ちなみに、父親さんが「もこ=イタリア語で「まっすぐ」の意」で、「もこみち=まっすぐなみち」ということで、もこみちに命名だそうな。そんなとんち、きかせんでいいわっ!

そんなもこみちクンは、イケメンに生まれて大変良かったと思います。これで、「うわっ! もこみちって顔!」だと本当に「一か八か」の悪い方になってしまったところです。ところがどっこい。「一」の方(一と八だと一が良いのか?)に選ばれたもこみちクンは、「もこみちなんて変な名前なのに、かっこいい〜♥」というわけのわからない<女はギャップに弱い>作戦に出ることができたのです。

しかし、そんなもこみちクンは、イケメン過ぎであるが故、すべてが嘘くさくなってしまうという悲しい性を背負っています。「ごくせん」で共演した中尾明慶クンと「俺たち超仲良し!」と雑誌で一緒にいるところを紹介されても、中尾クンともこみちクンの身長差くらい、仲良しに見、見えない…。実際は本当に仲良しなのかもしれませんが、186cmという身長とあの8.5頭身のイケメン顔がじゃまして、彼があまりに目立ちすぎてしまう。「もこみちとその他」になってしまうのです。悲劇。

ちなみに速水は芸名、本名は「表(おもて)」、CMでおなじみの彼が命名したパンダちゃんは「猛虎道(もこみち)」とヤンキーばりの当て字となっています。

■速水もこみち公式サイト[MOCOSTYLE]:http://www.moco883.com/pc/top.js

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーハーブログ、始めます。

初めまして。ミーハーブログです。

ここでは、人やモノや現象など、ミーハーに追いかけたくなるものをご紹介していきます。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »